何が起こっても安心して暮らせる

>

災害が起こりやすいと言われる

最も起こりやすい災害とは

生きていれば、様々な災害が起こる可能性があります。
その中でも、特に気を付けなければいけないのが地震です。
地震はいつ起こるかわかりませんし、大きな地震が起こると建物が崩壊する危険性があります。
せっかく建てた住宅が崩壊しないよう、耐震性に優れていることを条件に入れましょう。

注文住宅を作る際は、自分で素材を選択できます。
耐震性があることを第一に考え、そのような素材を探してください。
すでに完成している建売住宅を購入する際は、どのくらいの耐震性があるのか業者に質問しましょう。
質問に答えてくれなかったり、隠したりする様子が見られたら怪しいので避けましょう。
耐震性が非常に低く、そこでは安全に暮らせない可能性が高いです。

求めている素材を扱っている

実は業者ごとに、扱っている素材が異なります。
注文住宅を選択し、耐震性に優れている住宅を作りたいなら素材を前もってチェックしてください。
業者のサイトを見てもわからなければ、直接扱っている素材について質問するのが良い方法です。
また地震に強い住宅が良いなど、こちらの希望を伝えましょう。

それを理解してくれる業者なら、安心して任せられます。
中にはこちらの意図を理解できず、希望と異なった住宅を作られたり、余計な機能を追加されたりするケースが起こっているので気を付けてください。
自分たちの意見をわかってくれず、相性が悪いと思ったら業者を変更しましょう。
いろんな業者を比較し、相性の良いところに住宅作りを依頼してください。


この記事をシェアする

トップへもどる