何が起こっても安心して暮らせる

>

自宅で電気を作る方法

いつでも電気を使える

地震が起こった時や強風が吹いた時に、電線にトラブルが生じやすいです。
すると家庭に電気が届かなくなるので、日常生活に支障が出るでしょう。
特に大きな災害だと、電気が復旧するまで数日から1週間近い日数が掛かります。
その間ずっと電気を使えないと困りますし、暗い夜を過ごすことになるので不安が大きくなってしまいます。

ですから、電気を自宅で作れるような設備が必要です。
そのために、太陽光発電システムを用意しましょう。
すると昼間に太陽の光を集めて、電気を蓄えられます。
災害時でも変わらず電気を使えるので安心できますし、生き延びる確率も高くなります。
特にオール電化に頼っている家庭は、いつでも電気を使える状態を整えましょう。

電気代を削減したい人

太陽光発電システムは、災害時だけ役立つものではありません。
普段も昼間に貯めた電気を夜に使うと、電気代を削減できます。
昼間は明るく、電気を付けなくても生活を送れます。
ですから電気代が安いですが、たくさん電気を使う夜は電気代が高いと覚えておきましょう。

そこで夜の電気は、昼間に貯めた電気を使ってください。
すると夜の電気代がゼロ円になり、費用削減に繋がるという仕組みです。
太陽光発電システムはかなり高額なので、導入することに抵抗を感じる人がいるでしょう。
しかしあれば役立つことは間違いありませんし、今後の電気代を削減でき、長い目で見るとお得です。
さっそく自宅のどの位置に置けば、太陽の光を効率良く集められるのか調べましょう。


この記事をシェアする

トップへもどる